読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書日記】地図のない場所で眠りたい

早稲田大学探検部出身のノンフィクション作家、高野秀行角幡唯介の2人の対談本。

探検に興味を持ったきっかけや、テーマをどうやって決めるか、どうやって本を書いているかなど色んな話がてんこもりです。

どちらかの著者の本を1冊でも読んだことがあれば、楽しく読めるのではないかと思います。

 

ちなみに私は高野秀行さんのファン。電車の中で本を読んでいると、つい笑いそうになることがあるくらい文章が面白いんです。

(もし興味がある方は1冊目に読むなら集英社文庫の「ワセダ三畳青春記」もしくは「異国トーキョー漂流記」あたりがいいのではないかな。。)

 

探検部の活動って確かによくわからないし、理解してもらえないんでしょうね。

だからこそ、伝え方を工夫したり、面白くしたりする。

結果、文章力が発達するという論を展開していた。

実際、探検部出身の作家は多いらしく(船戸与一星野道夫本多勝一などなど)ちょっと説得力があるような気がしました。

 

あとはやっぱり好きなことじゃないと続かないよねってことです。

どう見ても大変!!角幡さんなんて北極圏を旅したりするんだから。。

高野さんは結構危ない場所にも行ってますしね。

 

気軽に読めて面白い本でした。

 

地図のない場所で眠りたい  講談社文庫